ホーム安全・安心にくらすために >防災の日・防災週間
防災の日・防災週間
9月1日は防災の日、8月30日から9月5日は防災週間です。 
 
 災害は、いつどこで起こるかわかりません。
 突然やってくる災害から身を守るため、普段から災害に対する備えをすることが大切です。
 弟子屈町、標茶町は、付近に硫黄山などの火山を有し、噴火による災害が発生する可能性があります。
 また、全国有数の地震多発地帯であり、大きな地震に対する備えも必要です。
 近年は、北海道に台風が上陸するようになり、大雨による洪水や土砂崩れ、強風による倒木や家屋の損傷等が発生するなどしており、様々な災害を警戒する必要があります。
 これらの災害に備えて、普段から安全対策をしておきましょう。
○ 危険を把握する
 地震による人的被害の多くは揺れによる家具等の倒壊、落下物等による負傷です。
 地震が発生したときに、倒れる、落ちる、割れる危険がある家具などを把握しておきましょう。
 大雨等により避難が必要になった場合に、浸水の可能性が高い場所、避難場所に指定されている場所等を把握しましょう。
○ 対策を考え、実行する

 
 倒れる可能性のある家具などを固定しましょう。デジタルカメラ等で家具を撮影してからホームセンターなどに持って行けば、家具固定の相談材料になります。
 地震が発生した際の安全行動は、まず身を低くし、頭を守り、動かないことです。
 揺れがおさまってから、落ち着いて行動しましょう。
 車を運転中に大きな地震に遭ったときは、慌てずハザードランプを点け、車を道路の左側に止めて下さい。
 ラジオなどで地震、道路の情報を確認してください。
 やむを得ず車を放置するときは、エンジンを止め、窓を閉め、エンジンキーを点けたままにして、ドアロックはしないで下さい。 
2   洪水などの発生に備え、ハザードマップ等により、河川の氾濫や浸水しやすい箇所を把握し、避難場所に移動しましょう。
 市町村長から避難の指示などがあった場合は、落ち着いて行動し、市町村職員や警察官の指示に従って避難しましょう。
○ 避難に備えて
 家族がバラバラになったときに集まる場所や連絡の方法を事前に決めておき、安否の確認が取れるようにしましょう。
 大切な物や、非常時に使用できるラジオ、飲食物、懐中電灯などを迅速に持ち出せるように用意しておきましょう。

 近年発生した大震災や台風による被害は、「想定外」「想定を上回る」と盛んに言われました。
 しかし、これは想定がしっかりと構築されていなかったことも原因の一つです。
 災害は身近にある現実的なものであると認識し、普段から災害発生を想定して、実際に発生したとき、具体的にどう対応するかを考えることが効果的です。

 
非常時に持ち出す物を用意しましょう。
○ 防災訓練への参加
 市町村で行われる防災訓練等に参加して、災害が発生した場合における避難方法の確認など、実際に動いて確認してみましょう。

  << 戻る