ホーム安全・安心にくらすために > 防災とボランティアの日
1月17日は「防災とボランティアの日」
「防災とボランティアの日」とは、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災に因んで制定された記念日で、日付はその発生日である「1月17日」です。
 阪神・淡路大震災では、政府や行政の対応が遅れた一方で、学生を中心としたボランティア活動が活性化し、「日本ボランティア元年」とも言われました。
防災とボランティアの日
 これをきっかけに、ボランティア活動への認識を深め、災害への備えの充実強化を図る目的で、同年12月の閣議で
  
1月17日が「防災とボランティアの日」
  1月15日〜21日が「防災とボランティア週間」

と制定され、翌平成8年から実施されました。
 災害発生時におけるボランティア活動及び自主的な防災活動についての認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図りましょう。

 << 戻る