ホーム安全・安心にくらすために > 児童虐待防止対策の推進
児童虐待防止対策の推進
〜 「もしかして」 あなたが救う 小さな手 〜
 児童虐待事案は、取扱い事案が年々増加しており、尊い子どもの命が奪われるなどの痛ましい事件が後を絶ちません。
 「しつけのつもり」は親の言い訳に過ぎません。
 子どもの立場に立って考え、児童虐待の早期発見をお願いします。
 近所にこのような子どもや保護者はいませんか。
 子どもの泣き声や助けを求める声が頻繁に聞こえる
 子どもの身体に不自然な傷が多い
 親を異常に怖がる、顔色を窺っている
 子どもの身体や衣服が汚れている
 子どものいる前で親がよくけんかをしている
 子どもを長時間放置して外出する
 子どもを可愛がっていない、関わりを持とうとしない
 家の中にゴミが散乱し異臭がする
 長時間理由なく所在不明となる
 児童虐待の疑いを感じたら、迷わずに児童相談所、警察、市区町村に連絡してください。
 匿名でも構いません。
 あなたの連絡が児童虐待から子どもたちを救うことになります。



 << 戻る