ホーム > 交通事故防止のために > 春の交通安全運動
春の全国交通安全運動
ストップ・ザ・交通事故
〜 めざせ安全で安心な北海道 〜

『春の全国交通安全運動』が実施されています!

 
交通安全運動は、道民一人ひとりが交通安全を自らのこととして考え、交通ルールの遵守や交通マナーの実践を主多雨的に行うことによって、交通事故を防止する運動です。
1 実施の重点
 @ 子どもと高齢者の交通事故防止
 A 自転車の安全利用の推進
 B 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
 C 飲酒運転の根絶
2 交通事故防止ポイント
@ ドライバー向け
子供たちを見かけたら、スピードを落として安全運転に努めましょう。

車内に安全な座席はありません。全ての座席でシートベルト・チャイルドシートを着用しましょう。

飲酒運転根絶条例制定
飲酒運転を「しない・させない・許さない」という規範意識を持って飲酒運転を根絶しましょう。

飲酒運転の根絶
子どもと高齢者の交通事故防止 A    子供向け
信号が青色になっても、すぐに渡らずに左右を確認してから渡りましょう。

道路は危険がいっぱいです。道路で遊ばないようにしましょう。
B  歩行者向け
道路を横断する前に左右を良く見ましょう。道路中央付近で左をまた見ましょう。

外出するときは、明るい服装で夜光反射材を身につけましょう。

全ての座席のシートベルトの着用
自転車の安全利用 C
 
 自転車利用者向け
 自転車安全利用五則を守りましょう。
  自転車は車道が原則 歩道は例外
  車道は左側を通行
  歩道は歩行者優先で 車道よりを徐行
  交通ルールを守る
    
飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
    夜間はライトを点灯

  子供はヘルメットを着用

 
 4月10日(日)は、「交通事故死ゼロを目指す日」です! 
 記録が残る昭和43年以降、毎日、交通死亡事故が発生しています。
 一人ひとりが交通ルールを守り、思いやりのある交通マナーで、交通事故死ゼロを目指しましょう!

・ 春の交通安全運動 街頭啓発活動(4月6日実施)


<< 戻る