非常持ち出し袋を準備しましょう


 非常持ち出し袋を準備している家庭はまだまだ少ないのではないでしょうか。被災直後は物資が不足し、不安で不便な生活が続きます。最低限必要な物を準備しておきましょう。


 * 一般的な非常持ち出し袋

 避難する際に持ち出す物として、最低限必要な物を両手が自由に使えるようにリュックサックなどに入れ玄関などに置いておきます。あまり欲張りすぎて重くなっては避難にも支障が出るので注意しましょう。
 非常食、水、懐中電灯、ラジオ、乾電池、タオル、ビニール袋、下着、軍手など
食料品 ラジオ


 * 非常持ち出し袋内にこれがあると便利!

 災害の被害に遭われた方々が、実際に「あって良かった」「ほしかった」と感じた物がいろいろあります。非常持ち出し袋を準備する際の参考にしてみて下さい。

携帯電話の充電器  携帯電話は災害時の重要な情報源。離ればなれになった家族との連絡などにも活躍します。電池式の充電器は場所を選ばず使えるので便利です。また、最近は、ハンドルを回すことで、懐中電灯にもラジオにも携帯の充電にも使える防災グッツも販売されています。
着替え(ジャージ等)  深夜の被災でパジャマのままで家を飛び出したり、ケガや避難で服が汚れてしまったときのため着替えを準備しておきましょう。特にジャージが おすすめです。ジャージは丸めてもしわにならず、 動きやすく、洗濯してもすぐに乾き、また寒いときには重ね着することもできて大変便利です。
紙オムツ・粉ミルク等  小さなお子さんがいる家庭では紙オムツや粉ミルク・離乳食など準備しておきましょう。
新聞紙  敷物にしたり、防寒にも使えます。器用に折りたたんでゴミ箱を作ったり用途はいろいろです。
その他  簡易トイレ、紙コップ、紙皿、カイロ など。



 * 非常持ち出し袋の準備のポイント

@  非常持ち出し袋の点検をしよう!
 非常持ち出し袋に入っている、非常食や水には保存期間があります。市販のミネラルウォーターや飲料水の保存期限は約2年です。最低1年に1回、期限が切れている物、切れそうな物は入れ替えるようにしましょう。

A  非常持ち出し袋を複数用意しよう!
 余裕があれば非常持ち出し袋を複数準備しましょう。家屋が倒壊して非常持ち出し袋が取り出せない場合もあります。避難経路となる、玄関ベランダなど何カ所かに置いたり、家が倒壊してしまった場合を考えて、車のトランクに入れておくのもいいかも。

B  2次持ち出し用の非常持ち出し袋を準備しよう!
 被災後、救援物資が届くまでは、食料などが不足します。通常の非常持ち出し袋には、一時的な食料と水しか入っていません。救援物資が届くまでの食料着替え等を用意しておき、家に戻る機会にすぐに運び出せるようにしておくと便利です。





<< 戻る