ホーム安全・安心にくらすために > 冬山の遭難防止
冬山の遭難防止
〜 冬山は 装備・計画 しっかりと 〜
 冬山には、見渡す限りの銀世界、白雪を踏んで自然と闘いながら山頂を極める醍醐味など、夏山とは違う大きな魅力があります。
 その反面、吹雪などの悪天候、寒気、雪崩などの危険な要素を多くはらんでおり、滑落、雪崩、吹雪によるコースの見失いなどの遭難も多く発生しています。
滑落・雪崩などに注意
方向の見失いなどに注意 ●無理のない計画と登山計画書の提出を
 登山技術、体力、経験に応じた山を選ぶとともに、無理のない計画を立てて、必ず登山計画書を最寄の警察署又は交番、駐在所に提出し、家族や職場などにも日程を知らせましょう。
 警察本部ホームページからメールで登山計画書を提出することもできます。
●パーティーでの登山を
 単独での登山を避け、経験豊富なリーダーのもとで、パーティーを組んでの登山に努めましょう。
●万全の装備と余裕のある食料などの準備を
 装備の不備や食料の不足が生死につながることもあります。悪天候の条件下にも耐えられる装備と停滞時の予備食料や燃料などを準備しましょう。
●通信機の携行を
 万が一の場合の連絡手段として携帯電話などを携行するとともに、予備のバッテリーを携行しましょう。
●入山前に気象状況の確認を
 入山前には、必ず気象状況を確認するとともに、絶えず気象情報に注意し、天候の悪化が予想されるときには中止しましょう。
●冬山では慎重な行動を
 冬山では、雪庇の踏み外しによる転落や雪崩などの危険が予測されます。稜線や谷などでは地形、積雪、気象状況などを総合的に判断し、雪庇や雪崩の危険性がある場合は回避するなど、慎重な行動を心掛けましょう。
 << 戻る