ホーム安全・安心にくらすために > 地下鉄サリン事件
地下鉄サリン事件から20年
 
 今から20年前の1995年(平成7年)3月20日、オウム真理教による「地下鉄サリン事件」が発生しました。 
教団の現状
 オウム真理教は、現在も
  麻原彰晃こと松本智津夫への絶対的帰依を強調する主流派(「Aleph(アレフ)」)
  松本の影響がないかのように装う上祐派(「ひかりの輪」)
を中心に活動し、依然として松本及び同人の説く教義を存立の基盤にしており、無差別大量殺人行為に及ぶ危険性が認められます。
北海道における動向
 北海道においては、全国的にも主流派(「Aleph(アレフ)」)が極めて多くの信者を擁し、街頭や書店における声かけのほか、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)等を利用して青年層を中心に接触を図り、教団名を秘匿しながらヨーガ教室に勧誘するなどして新規信者を獲得しています。
 << 戻る