ホーム安全・安心にくらすために    
> 年末における犯罪及び交通事故の防止
年末における犯罪及び交通事故の防止
〜年末における犯罪や交通事故の起こりにくい社会づくり〜
 年末には、特殊詐欺、女性を対象とした犯罪、空き巣等の生活に身近な犯罪や、金融機関・コンビニエンスストアを狙った強盗事件、冬道でのスリップ等による重大交通事故の発生が懸念されます。
 安全で安心な年末を送り、希望に満ちた新年を迎えるため、次のことに気をつけて犯罪被害や交通事故に遭わないようにしましょう。  特殊詐欺に注意してください
○ 振り込め詐欺の被害防止
 「名義を貸して」「ATMで医療費を還付する」「携帯電話を持ってスーパーのATMへ」「ゆうパック・宅配便で現金を送って」と言われたら詐欺です。
 「お金を要求する電話には応じない。儲け話は信じない。」これを徹底し、不審な電話があった時にはすぐに家族や警察相談電話「♯9110」へ相談しましょう。
○ 女性の犯罪被害防止
 女性の一人歩きは極力避け、人通りが多くて明るい道を通るようにしましょう。 
 イヤホンで音楽を聴いたり、スマートフォンを操作しながら歩かないようにしましょう。
 防犯ブザーなどの防犯グッズを携帯しましょう。
○ 空き巣ねらいの被害防止
 短時間の外出でも必ず鍵をかけましょう。 
 犯人は雪山等を足場として利用する場合がありますので、高層階の窓も確実に施錠しましょう。
 防犯カメラ、センサーライト、玄関や窓の補助錠を設置するなど、防犯機器を有効活用しましょう。 圧雪アイスバーン、ブラックアイスバーンなどの凍結路面に注意してください
○ スリップ等による交通事故の防止
 スリップ事故の原因となる急発進、急ブレーキなど、急のつく運転はやめ、慎重な運転を心掛けましょう。 
 時間に余裕を持ち、スピードダウンと車間距離の保持に努めましょう。
歳末特別警戒を実施します  警察は、自治体、防犯・交通安全協会、各種ボランティア団体等の関係機関・団体の皆様と協力して、歳末警戒に当たり、犯罪や交通事故の起こりにくい社会づくりを推進しています。
 地域住民の皆様、弟子屈町、標茶町に観光にお越しになる皆様も、安全安心な社会づくりにご協力をお願いいたします。


 << 戻る