ホーム安全・安心にくらすために > サイバー空間の脅威
サイバー空間の脅威に対する 社会全体の対処能力の強化
~ ネットの影に潜むサイバー犯罪
あなたを守るサイバーセキュリティ ~
       平成28年に発生した主な事例
クリック
 近年ネットバンキングに係る不正送金事案やオンラインショップ詐欺等、国民生活を脅かすサイバー犯罪の危険性が社会全体で大きく取り上げられています。
 サイバー犯罪の被害に遭わないように、適切な対策を実施しましょう。

※ サイバーセキュリティとは、インターネットを通じて扱う情報や財産等を守ることをいいます。
サイバーセキュリティをしっかりと!

【現在のインターネット】

 インターネットは、パソコンやスマートフォンのみならず、家庭で使用しているテレビ、冷蔵庫、その他ビルや建物の電気、空調、エレベータ、照明設備、監視カメラ、ドローンの操縦にも導入されているため、ひとたび悪用されると社会的に大きな影響を及ぼす可能性があります。
【将来のインターネット】
 将来的には、自宅のドアの施錠システムや、車両の自動運転にも導入されることが予想されており、これらにはネットワークへのハッキングによる誤作動等の危険が指摘されています。
 これからは、ますます身近になるサイバー空間への適切な対処能力が必要になります。
● サイバー犯罪事例と対策
 インターネットバンキングによる不正送金
 本物の金融機関のウェブサイトに見せかけた偽サイトにIDとパスワードを入力させられ自分の知らないうちに口座から現金が送金されてしまう。
【対策】
 定期的にパスワードを変更する。 
 他人から推測されにくい文字や記号を使用する。
 ワンタイムパスワード等のセキュリティシステムを利用し、いつもと違う手順でIDやパスワードの入力を求められたときは、決して入力せず、電話を使って取引銀行に問い合わせる。
 オンラインショップ詐欺
   本物そっくりのサイトにアクセスし、商品代金を振り込んだものの商品が届かず、サイトにも連絡先が記載されていない。
【対策】
 連絡先が記載されているか、若しくは連絡先にフリーメールが使用されていないか確認する。
 振込先について決済方法が選択できるか、個人名の銀行口座が指定されていないか確認する。
 正規の販売価格より大幅に安くないか確認する。 パスワードはこまめに変えましょう
 不自然な日本語が使用されていないか確認する。
 スマートフォンにおける不正アプリダウンロード
   利用規約を確認せずにアプリをインストールしたため、位置情報、写真やメール個人情報が外部に送信された。
【対策】 
 正規以外のアプリを導入しない。
 インストール前に利用規約を確認する。
 パスワードロックをかけて他人にスマートフォンを操作させない。
スマートフォン等 個人情報など 攻撃者
メールや記録
スマートフォン等 個人情報 攻撃者
 情報セキュリティは、一つの対策を講じれば大丈夫というわけではありません。
 複数の対策を併用してインターネットを利用しましょう。
 << 戻る