ホーム安全・安心にくらすために>降雪期の事故防止
降雪期の事故防止
〜雪下ろし 外出 前に 安全確認〜
 例年、屋根の雪下ろし、屋根からの落氷雪や発達した低気圧に伴う暴風雪による被害が発生していることから、この種事故の未然防止を図るため、次のことに気をつけましょう。
 雪下ろしは複数で行いましょう 
   屋根の雪下ろし中にハシゴや屋根から転落する事故が発生しています。
 作業中にハシゴを支えたり、通行人や子どもの安全を確認したり、万一の際に救助をするため、雪下ろしは複数で行うとともに、転落防止の措置を確実に講じましょう。
 除雪機による除雪は安全を確かめながら行いましょう 
   除雪中に除雪機に巻き込まれたり、下敷きになるなどの事故が発生しています。
 除雪作業中は作業に適した服装と周囲の安全を確認し、その場を離れるときは、エンジンを必ず停止しましょう。 
 気象情報に注意しましょう  
   暴風雪や大雪警報が発表されたときは、なるべく外出を避けましょう。
 やむを得ず車で外出するときは、見通しが悪かったり、吹きだまりの発生なども予想されますので、道路状況に応じた無理のない運転に心掛けましょう。
 例年弟子屈警察署管内でも、降雪時に無理に車で外出し、吹きだまりにはまって動けなくなったり、道路を見失って路外に逸脱するなどして救助要請を受けるケースが多数発生しています。
 このくらいなら大丈夫だろうと安易に判断するのは危険です。

 天候が急変し、車が立ち往生する可能性もありますので、防寒着、長靴、手袋、スコップ、牽引ロープを用意しましょう。
冬期の屋根の下は危険です



 << 戻る