ホーム弟子屈警察署員の活動 > 交通事故現場を想定した訓練を行いました


 交通事故現場を想定した訓練を行いました


 弟子屈警察署では、車と車の交通事故を想定した状況を警察署の駐車場内につくり、交通事故現場での負傷者の救護、関係者からの事情聴取、交通整理などの作業をスムーズに行うための訓練に取り組みました。


事故想定訓練1


 職員は事故現場での様々な作業を普段から幾度となく経験していますが、現場での職員同士の行動や片側交互通行を円滑に行うための無線の使用など、ひとつひとつ原則に忠実な動作を意識することで、訓練だからといって気を緩めることなく、緊張感を持って行うことができました。


事故想定訓練2


 実際の事故さながらの訓練に、職員は汗だくになって真剣に取り組みました。
 そして、事故現場において走行してきた車に作業中の警察職員が轢かれるなど、新たな事故が起こらないようにするための注意点や方法についても再確認しました。


事故想定訓練3







<< 戻る