ホーム事故防止のために > 自転車の乗車人員の改正


 自転車の乗車人員の改正


  
 道路交通法施行細則の改正
 道路交通法施行細則の改正により、平成21年7月1日から自転車の乗車人員が改正され、これまで認められていなかった3人乗りができるようになりました。
 改正点
(1)  16歳以上の運転者が、幼児2人同乗用自転車の幼児用座席に幼児2人を乗車させる場合。
 
(2)  16歳以上の運転者が、幼児2人同乗用自転車の幼児用座席に幼児1人を乗車させ、かつ4歳未満の者1人を背負いひも等で確実に緊縛している場合。



   幼児とは
     6歳未満の者を指します。


   幼児2人同乗用車両とは
     幼児2人を同乗させても十分な強度・制動性能を有する。 
 駐輪時の転倒防止のための操作性・安定性が確保されている。
 自転車のフレーム及び幼児用座席が取り付けられる部分が十分な剛性を有する。
 等の要件を満たした自転車のことをいいます。







<< 戻る